沖縄市のアパートや土地などの不動産|有限会社松屋 > 有限会社 松屋のスタッフブログ記事一覧 > 任意売却と競売

任意売却と競売

≪ 前へ|不動産活用   記事一覧   不動産を売りたい|次へ ≫

任意売却と競売の違いを比較

住宅ローンの返済ができず、やむを得ず不動産を手放さないと行けなくなった場合、
任意売却と競売という売却方法がございます。

どうせ売るなら競売も任意売却も一緒という訳ではありません。

任意売却には、競売にはないメリットがたくさんあります。競売と比較してみましょう。

競売とは?

競売とは、住宅ローンなどの借入金を返済できなくなったとき、借入れの担保となっている土地や建物などの不動産を、裁判所を通して強制的に売却することをいいます。

売却された不動産の代金は、債権者へ配当されます。


任意売却は競売に比べ、より市場価格に近い価格での売却が可能です

任意売却の最大のメリットは、競売よりも高く売却できる可能性がある為、競売よりも残債が減ることです。

またプライバシーも保護される為、競売よりは任意売却をお勧めしております。

任意売却はご相談者様の意志で売却が進んでいきます

任意売却ができるか、競売になってしまうかで、不動産の売却価格には大きな差が生じます。
所有している物件が競売にかかる恐れがある方は、任意売却を真剣に検討する価値はあるかと思います。

任意売却の最大のメリットとしては、自分の意志で誰に、いくらで、いつまでにするかを決められるということです。

競売のように強制的に進んでいくことはありませんので、ご相談者様のご希望に沿った形で進めることができます。
また、高く売れればそれだけ残債が少なくなるのはもちろん、任意売却の場合は残債の返済方法(月々の支払額)も債権者との交渉で決めることができます。


もし返済が苦しくなってきた場合は、お気軽にご相談ください。

不動産のことであれば、無料でご相談を承ります。もちろん秘密厳守でプライバシーは保護いたします。
もちろん売却にいたらなかった場合、費用は一切かかりません。
お一人で悩まずにまずは不動産のプロにご相談を。
状況をお伺いした上で最善のアドバイス、ご提案をいたします。
お気軽にご連絡ください。
≪ 前へ|不動産活用   記事一覧   不動産を売りたい|次へ ≫

トップへ戻る